資格手当や技能手当など、コンスタントに支給される+αの手当が魅力!

さて、前ページでは「通関士の年収は“サラリーマンの平均+α”」であることをご紹介しましたが、やはり通関士資格を取得していることで見込める「手当」は大きな魅力と言えましょう。

資格に伴う「手当」というのは、一般的には「働き方を変えなくとも毎月コンスタントに支払われる+α」と位置付けられます。額としては月に1万円程度だったとしても、年間を通して考えれば総額12万円にも達するとなれば、決してバカにできる金額ではありません。

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_s

普通の会社員が月々の給与を毎月必ず1万円増額させるとなれば、これはなかなか大変です。万単位の大幅なベースアップはまずありえないでしょうし、コツコツと残業代で稼ごうとしても実際にやろうとすればかなりの負担として感じられるはずです。

そう考えれば、通関士に限らずどんな資格手当も、手が届くのであればもはや目指さない手はありませんね。

通関士の資格手当は、前ページでも触れたとおり、勤務先によってその名称や額は若干異なります。一般的には「資格手当」として月額で5000円~3万円程度が加算される例が多いですが、“通関士としての実務に対する手当”という意味合いで「技能手当」や「実務手当」といった名目で、やはり同程度の金額が支給されているパターンもあります。勤務時間を増やさずとも、何か役職に就かなくとも、「実質的な給与のベースアップ」が出来るというのは、資格手当ならではの良さであると言えますね。

皆さんの中には、「たかが資格手当」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、「されど資格手当」です。少しは持ち直してきたとはいえ、社会全体がまだまだ不景気から脱すことのできない昨今。コンスタントに収入を増やすこと自体、容易ではありません。少しでも多く稼ぐための努力として資格取得等のスキルアップを目指す姿勢は、今後も引き続き、重要なのではないかと感じます。




通信講座ランキング

【1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


【2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 

【3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。