それにしても通関士試験の合格率、べらぼうに高く見えるのはなぜ? 

通関士の仕事に興味を持ったのに、少ししたらこの仕事を目指すことをあきらめてしまう人がいます。特に、通関士の合格率・難易度の厳しさを知ったとたんに、あきらめてしまう人がいるようです。しかしそれは軽率なのではないでしょうか? 

通関士の合格率は、10%くらいですから簡単だとはいえません。しかし、なぜそのような数字になるのでしょうか? 

・通関士の試験問題に、毎年変わらない特徴がある
もちろん、試験問題は毎年必ず変わってしまいます。
しかし、完全に問題が入れ替わるのであれば、受験者はなかなか受験対策ができないでしょう。
つまり毎年出される問題にまったく共通点がないのでは受験者はどう勉強したらいいのかわからなくなります。そして合格率は10%どころではなく、もっと低迷してしまうでしょう。
少なくとも、高校受験や大学受験と同じ程度には、試験問題に毎年変わらない部分があるのです。

・受験勉強がいい加減なままで、受けにくる人が毎年必ずいる
これも大きいですね。
受験勉強がなかなかはかどらずに試験日が来てしまったというケースもありますし、出願の締め切りぎりぎりに申し込んだ(つまり、たいして受験勉強できる時間をもてるはずがない)というケースもあります。
また意外と多いのが、会社に受けろ、と促されたケースです。
貿易や流通関係の企業では、新入社員に通関士資格の取得を要求することがあります。
この場合は受験勉強を社が支援することが多いのですが、それでも受験勉強がはかどらないケースは必ずあるものなのです。

このような事情から、通関士の受験者の学力レベルは低くなることが普通なのです。こうした受験者を除けば、合格率はもっと上昇することはほぼ間違いないでしょう。ですから、合格率を過度に怖がる理由はないのです。




通信講座ランキング

【1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


【2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 

【3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。