通関士試験対策オススメ通信教育「クレアール」

様々な人気資格対策の通信教育に定評のあるスクール「クレアール」でも、通関士試験対策がラインナップされています。
徹底的な効率重視型学習に定評のあるクレアールが提案する通関士通信教育、その中身をご紹介します。


「短期間かつ最小の労力と費用での合格を目指す」がモットー


◎習得するのは“出るところだけ”、だから効率が良いんです


クレアールの通関士通信教育で目指されているのは、通関士・貿易実務受験界のカリスマ片山立志講師による非常識合格法の実践。
まずは合格のために最低限必要と言われる「合格必要得点範囲」を中心にしっかりと土台を構築し、試験突破に必要な応用力を養っていく独自のメソッドで、効率良く合格を目指すカリキュラムとなっています。


「無駄のない学習」という観点においては、前ページでご紹介した通信教育フォーサイトの理念と共通していますね。


◎マルチデバイス対応で、“いつでも、どこでも”が低価格で実現


通信教育クレアールの講座の特徴といえば、何と言っても「マルチデバイス対応」であること。 パソコンやスマホ、タブレットで学習可能なため、自宅でも出先でも、場所や時間を問わず気軽に学習に取り組めるのが良いですね。
従来、1回2時間だった講義が1回30~60分の単元に細分化されており、スキマ時間での学習がしやすいのもポイント。
また、1講義ごとに「学習の内容」「ポイント」が明確に提示される点にも、取り組みやすさがあると言えます。


テキストはダウンロード可能なほか、科目別に3冊に分冊された紙媒体のものも提供されます。
内容的に不足はありませんが、ページ展開がモノクロのため重要ポイントが分かりづらいのが難点です。


◎標準的な通関士試験対策の他、貿易実務とのダブルパックも


クレアールの通関士通信教育は、標準形であるWEB通信コースの受講料が69,000円となっています。
ただし、早期申込み割引で、次年度試験対策を10月末日までに申し込みの場合、45%オフにて提供されるようです。
講義DVDはオプション販売となっています。


また、クレアールならではの特徴としては、「通関士+貿易実務」のダブルパック講座が販売されている点でしょう。
関連ある資格を同時期に対策することで、効率良く学習を進めることができそうです。



■ 通信教育「クレアール」
通関士コース
⇒ http://www.crear-ac.co.jp/tsukanshi/




通信講座ランキング

【1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


【2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 

【3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。